ここからお申込みいただくと…名刺1枚あたり10円でご提供!

変更履歴

CafeVision[Ver.4.4-1]→CafeVision[Ver.4.4-2](2016/7/26)
  • ・Windows 10復元モード時「設定」と「コントロールパネル」の機能制限を
     任意で開放できるオプション機能を実装しました。
CafeVision[Ver.4.3-0]→CafeVision[Ver.4.4-1](2016/2/16)
  • ・Windows 10に対応しました。
  • ・リカバリー導入時のWindows手動設定項目を自動で変更出来る様にしました。
  • Windows Update 自動更新の無効化
  • ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化
  • デフラグスケジュールの無効化
  • Windows ファイヤーウォールの無効化
CafeVision[Ver.4.2-0]→CafeVision[Ver.4.3-0](2015/6/9)
  • ・パッチ当て済み・パッチ当て必要無いパソコンへの配布をスキップするようになりました。
  • ・Native64Bitのゲームクライアントの設置情報・パッチ配布に対応しました。
CafeVision[Ver.4.1-2]→CafeVision[Ver.4.2-0](2015/4/14)
  • ・NetCloneランチャーの実装
  • ・Surface Pro 3のリカバリ対応
  • ・Windows8.1のパッチ当て改善
CafeVision[Ver.4.1-1]→CafeVision[Ver.4.1-2](2015/2/17)
  • ・1:多 NetCloneに対応。
  • ・グラフィックカードの増設・オンボード共存環境で、増設優先報告強化。
CafeVision[Ver.4.1-0]→CafeVision[Ver.4.1-1](2014/12/16)
  • ・NETCLONEとの連動機能を実装しました。
CafeVision[Ver.4.0-2]→CafeVision[Ver.4.1-0](2014/11/25)
  • ・以下の3つの情報を店内コンソール及び本部コンソールで確認できるように致します。
  • マザーボードの型番情報の追加
  • グラフィックカードの型番情報の追加
  • HDD接続方式の追加
  • ・XCoveryTBがGPTディスクに対応しました。
CafeVision[Ver.4.0-1] → CafeVision[Ver.4.0-2](2014/06/17)
  • ・IE管理機能が追加されました。本部・店内コンソールでIEのスタートページ・お気に入りが一括管理出来るようになります。
CafeVision[Ver.4.0-0] → CafeVision[Ver.4.0-1](2014/04/18)
  • ・デスクトップランチャーでのゲームリペア機能に対応しました。
CafeVision[Ver.3.3-2] → CafeVision[Ver.4.0-0](2014/01/21)
  • ・ユーザーインターフェースを改善。使い安いデザインに変更しました。
  • ・Windowsの起動が早くなるQuickBoot機能が追加されました。※追加契約が必要です。
  • ・契約している基本機能が自動配布されるようになりました。
Cafevision[Ver.3.3-1] → Cafevision[Ver3.3-2](2013/12/19)
  • ・Windows8.1に対応しました。
Cafevision[Ver.3.3-0] → Cafevision[Ver3.3-1](2013/08/13)
  • ・グラフィックカード情報収集改善:オンボードとPCI-Eが混在している場合、PCI-Eを優先報告。
  • ・遠隔サポート改善:サブモニターの遠隔表示に対応。
  • ・配布案内画面のレイアウト変更。
Cafevision[Ver.3.2-0] → Cafevision[Ver3.3-0](2013/05/14)
  • ・他社製のクローンおよびイメージ復元ソフトのご利用で発生する配布・遠隔時の不具合を改善しました。(再認証機能実装)
Cafevision[Ver.3.1-0] → Cafevision[Ver3.2-0](2013/03/12)
  • ・遠隔サポート機能を改善しました。(接続・操作性改善)
Cafevision[Ver3.0-0]  → CafeVision[Ver3.1-0] (2012/12/18)
  • ・デフラグ機能を追加しました。(MagicRecovery非対応)
Cafevision[Ver2.7-9] Xcovery[Ver7.1.-39] → CafeVision[Ver3.0-0] Xcovery[Ver8.0.0](2012/10/29)
  • ・Windows8に対応しました。
Cafevision[Ver2.7-8] Xcovery[Ver7.1.-35] → CafeVision[Ver2.7-9] Xcovery[Ver7.1.39](2012/10/09)
  • ・WindowsXPの一部PCで発生したUSB認識の不具合を修正しました。
CafeVison [Ver.2.7-7] →CafeVison[Ver.2.7-8] XCovery[Ver.7.1-35](2012/07/03)
CafeVison [Ver.2.7-6] →CafeVison[Ver.2.7-7] XCovery[Ver.7.1-35](2012/05/15)
・SSDに対応。
・XCoveryTBインストールに必要なハードディスクの空き容量を10GBから5GBに変更。
CafeVision[Ver.2.7-5]→[Ver.2.7-6] XCovery[Ver.7.1-32](2012/3/23)
・一部のWindows7 PCで実行ファイルの「交換性モード:Windows XP」になっていたため
「エラー-1030」と表示されインストールが出来ない事象を改善。
CafeVision[Ver.2.7-3]→[Ver.2.7-5] XCovery[Ver.7.1-32](2011/10/18)
・スケジュール配布でインストールされているゲームタイトルのみパッチを配布されるように改善。
・ゲームリペアにて対象ゲームがインストールされていないPCを選択出来ないように改善。
・Windows VISTA・7での遠隔操作性を改善。
CafeVision[Ver.2.7-3] XCovery[Ver.7.1-22]→[Ver.7.1-32](2011/9/30)
・intel H60番台のチップセットを搭載したマザーボードにて発生していたエラーへの対応。
【エラー症状1】
インストール直後の再起動で「ブラック画面のまま」マウスカーソルのみ点滅し、OSが立ち上がらない。
【エラー症状2】
インストール直後の再起動で「Not Found Boot Device」もしくは「Not Found Boot Partition」のエラーが表示され、OSが立ち上がらない。
CafeVision[Ver.2.7-1] XCovery[Ver.7.1-22](2011/4/5)
・リカバリーインストール時のライセンス入替機能追加
CafeVision[Ver.2.7-1] XCovery[Ver.7.1-22](2011/2/9)
・P2P監視モニタリングが出来ない事象を解消。
・店内コンソールから遠隔操作をした時の管理者モードのPCに対してロック解除がされない事象を解消
CafeVision[Ver.2.7-0]→[Ver.2.7-1] XCovery[Ver.7.1-21](2011/2/4)バージョン変更無し
・XCoveryが『Windows7 64bit』に対応
・リカバリーが動作していない時のアラート機能を強化
・管理者モードでのロック画面の変更
CafeVision[Ver.2.7-0] XCovery[Ver.7.1-21](2011/1/25)バージョン変更無し
メンテナンス時間変更に伴うエラーダイアログの修正
CafeVision[Ver.2.7-0] → [Ver.2.7-0] XCovery[Ver.7.1-11] → [Ver.7.1-21](2011/1/12)
CafeVisionインストール時に発生していた「エラーコード-5105」の発生レベルを緩和。
インストールし易くしました。
CafeVision[Ver.2.6-9] → [Ver.2.7-0] XCovery[Ver.7.1-11] → [Ver.7.1-16](2010/10/22)
一部のPCにて発生していた、XCoveryインストール後の「モード変更・変更データ保存・削除」が出来ない症状を出来るように修正
[Ver.2.6-8] → [Ver.2.6-9] (2010/10/12)
  • 1. ゲームリペア機能追加
  • 2.スケジュールコピー機能追加
  • 3.モジュール配布中のロック画面解除を「ESC」キーで行えるように修正
[Ver.2.6-8] → [Ver.2.6-8] (2010/09/09)
1. リカバリー導入時のエラーメッセージ情報を追記
[Ver.2.6-7] → [Ver.2.6-8] (2010/08/27)
1. リカバリー導入時のエラーコードが表示されるように修正
[Ver.2.6-6] → [Ver.2.6-7] (2010/08/23)
1. XCovery仕様を変更(リカバリーバージョン ver4.10.4→ver7.1.11)
[Ver.2.6-4] → [Ver.2.6-6] (2010/07/28)
1. 自動パッチ配布中のロック画面を変更
[Ver.2.6-3] → [Ver.2.6-4] (2010/06/02)
1. 店内コンソールで「P2P監視」を利用したときにアップ・ダウンロードサイズが表示されない事象を解消
1. 一部のWindow7導入のPCに対してリカバリーがインストール出来ない事象を解消
[Ver.2.6-0] → [Ver.2.6-2] (2010/04/27)
1. Windows VISTA・7において短時間で変更領域(バッファ領域)を著しく使用するサービス「SuperFetch」の自動無効化
※CafeVisionインストール時にのみ有効の機能です
2. XCoveryTB設定ユーザーインターフェイスの仕様変更
3. XCoveryトレイアイコンにマウスをポイントすると現在のリカバリーモードが表示される様に変更
[Ver.2.5-5] → [Ver.2.6-0] (2010/03/23)
ProVisionサービス新機能「P2P監視」に対応
[Ver.2.5-4] → [Ver.2.5-5] (2010/02/09)
1.リカバリー機能修正
Dell製Vostoroシリーズに於いて、VistaOSよりXPOSへ変更購入したPCにて、リカバリーがインストールできない事象に対応
2.エンディング・ポップアップ機能アップデート
[Ver.2.5-2] → [Ver.2.5-4](2009/12/28)
不具合を修正しました。
[Ver.2.5-0] → [Ver.2.5-2](2009/12/15)
1.IPマネージャ機能追加
http://www.technoblood.com/tbpress/solution/ipmanager_manual.php
2.変更領域の自動処理
配布サービス中に変更領域が少なくなった場合、サーバーに報告し自動で再起動をかけます。配布結果は「警告[変更領域超過]」になります。
3.管理者モードでのロック画面自動解除
管理者モードで遠隔に入った場合、「Ctrl + T」入力なしでロック画面が自動解除されます。遠隔終了後はロック周期の設定時間後に再びロック画面がかかります。
4.エンディング・ポップアップ機能追加
5.パッチ不具合を解消
6.ゲームガードとのバッティングにより、ゲームがダウンしてしまう不具合を解消
[Ver.2.4-2] → [Ver.2.5-0] (2009/10/13)
・Windows7への対応。Windows7用のProvision、リカバリーの正式対応版になります。
(リカバリーは4.10.0にバージョンアップします)
・Windows VISTAでのゲームパッチの対応。KOEI、GameChu系のタイトルへのパッチ対応が可能になります。
・ハードウェア情報ロジック改善。
CPU情報収集ロジック変更:最新CPUの情報取得をアップデートなして取得できます。
WidnowsVISTAでの一部ハードウェアの誤認識を改善。(Ex. %OEM….)
・画像認識・マウスクリック用ロジック導入。
NOD32、カウンターストライク オンライン、the Tower of AION用のパッチ対応ロジック追加。
[Ver.2.4-1] → [Ver.2.4-2](2009/8/3)
・中継サーバ情報を追加しました。サーバとの通信パフォーマンスが上がります。
[Ver.2.4-0] → [Ver.2.4-1](2009/7/23)
・配布サービス中のRuntime Error不具合を改善しました。
[Ver.2.2-7] → [Ver.2.4-0] (2009/6/23)
・配布中のロックが画面が配布状況を確認し易いデザインに変わりました。
・ハードウェア情報収集で最新型のCPU型番に対応になりました。
[Ver.2.2-5] → [Ver.2.2-7](2008/4/8)
・Windows Vistaへのインストールの際のエラーを解消
①「Error loading operating system」エラー対策:
CafeVision再インストールの際、一部のハードディスクにおけるパーティション情報の不一致による不具合が確認されました。
[Ver.2.2-4] → [Ver.2.2-5](2008/4/8)
・ウィンドウズアップデートの新認証方式に対応。
・知っ得ドア表示速度改善。
[Ver.2.2-2] → [Ver.2.2-4] (2007/12/18)
・知っ特ドア機能対応追加
[Ver.2.2-2](2007/10/23)
・リカバリー削除の簡易化
・リカバリー警告オプションのデフォルト設定
→Windows Vistaのデフラグスケジューラにより、変更領域のオーバーフロー防止のため
・Windows Update機能追加(プロビジョンサービス店舗様のみ提供)
・店内コンソールからPCの遠隔操作機能対応