トップ > FAQ > [リカバリー] リカバリー再インストール時に「ファイル生成エラー」と表示されます。

【よくある質問】 【リカバリー FAQ】

[リカバリー] リカバリー再インストール時に「ファイル生成エラー」と表示されます。

最終更新日:2018年12月26日

リカバリーのインストールは、”連続した空き領域”が 10GB 程度必要となります。
ブースPCとして長く運用しているPCほど、ファイルの断片化が発生し、
HDDの空き容量があるように見えても、連続した空き領域が確保できず、
リカバリー再インストール時に「ファイル生成エラー」の表示が出ることがあります。

この場合、不要なファイルや一時的にアンインストール可能なソフトウェア

(容量の大きいオンラインゲームなど)を削除し、HDDの空き容量を十分に確保した上で
(目安:50~200GB程度)、リカバリーの再インストールをお試しください。

――――――――――――――――――――――――

備考
――――――――――――――――――――――――
容量の大きいファイルを削除しただけでは、ファイルの断片化が解消せず
「ファイル生成エラー」が再発する可能性がございます。

この場合、不要ファイルの削除後に、デフラグを実施することで、

リカバリー再インストールに必要な連続した空き領域を確保することが可能です。

※ファイルの断片化の様子は、

 下記FAQの「4.⑥.「Defragment」をクリックします。」で確認できます。
 https://www.tbpress.jp/faq/99-002.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

確認事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
①.HDDの「総容量」と「空き容量」を確認します。
 
 ▼Windwos7の場合 (参考:外部サイト)
 https://pc-kaizen.com/win7-hdd-capacity

 ▼Windwos8/8.1の場合 (参考:外部サイト)

 https://pc-kaizen.com/win8-hdd-capacity

 ▼Windwos10の場合 (参考:外部サイト)

 https://pc-kaizen.com/win10-hdd-capacity

②.不要なファイルを削除し、HDDの「総容量」に対し 約3~4割 の空き容量がある状態にします。

  ※HDD空き容量の目安:50~200GB程度。

③.この状態でリカバリーの再インストールをお試しください。

  「ファイル生成エラー」が再発する場合は、④の手順をご実施ください。

④.デフラグを 「ファイル生成エラー」 が出なくなるまで実施します。

 ※デフラグ実施時の注意点を以下にまとめてあります。ご確認ください。

  また、デフラグは作業に膨大な時間を要しますのでご注意ください。

 ▼FAQ:デフラグの方法
 https://www.tbpress.jp/faq/99-002.html

—————————————————————————————————————————–

【関連項目】
リカバリーインストール時の「エラー」についてはこちらをご確認ください。

▼【その他ツール】XcoveryTBエラー対応マニュアル

https://www.tbpress.jp/support/provision_xcoverytb.html
—————————————————————————————————————————–